メルペイの認証基盤チームのバックエンドエンジニアを募集します

以前ツイートした通り、 メルペイの認証基盤チームに興味を持ってもらうためにこの記事を書きました。 メルペイには"メルカリ、メルペイにおける認証認可の仕組みを構築すること"を目的にした認証基盤というチームがあります。高負荷でありながら高い可用性…

技術書典6にて販売した "pospomeのサーバサイドアーキテクチャ2" をBOOTHから購入できるようにしました。

技術書典6にて販売した "pospomeのサーバサイドアーキテクチャ2" をBOOTHから購入できるようにしました。 この書籍は"Go+Docker+CircleCI+GKE+Spinnakerでアプリケーションデプロイフローを構築する"という内容です。 以下から購入できます。 pospome.booth.…

技術書典6で"Go+Docker+CircleCI+GKE+Spinnaker"に関する書籍を販売します。

技術書典6で"Go+Docker+CircleCI+GKE+Spinnaker"に関する書籍を販売します。 技術書典の当日は見本誌を用意するので興味のある方は実際に手にとって内容を確認していただければと思います。 techbookfest.org 前回は以下のサーバサイドアーキテクチャの書籍…

SpannerでSHOW CREATE TABLEのようにテーブル定義とインデックスの定義を取得する

GCP

取得方法は2つある。1つ目1つ目の方法はGCPのConsoleから確認する方法。 ConsoleでSpannerを表示して、instance -> database を選択するとテーブル一覧画面が表示される。 その一覧の一番下に"Show equivalent DDL"というリンクがあり、 そこからDB内の全テ…

depで"does not contain usable Go code (*build.NoGoError).. (Package is required by (root).)"のエラー

プライベートのプロジェクトで"dep ensure -add github.com/xxx"すると以下のエラーが出た。 Solving failure: No versions of github.com/xxx met constraints: 0.1.1: Could not introduce github.com/xxx@master, as its subpackage github.com/xxx does …

CircleCI Local CLI の build で "Cannot find a job named `build` to run in the `jobs:` section of your configuration file." のエラー

CircleCI Local CLI で以下のようにビルドしたら $circleci build .circleci/config.yml 以下のエラーが出た。 Cannot find a job named `build` to run in the `jobs:` section of your configuration file. CircleCIのLocal CLIは"workflows"に対応してい…

DDDとコードとしての正しさ

DDD

ドメイン駆動設計 #1 Advent Calendar 2018の14日目を担当する@pospomeです。今回はDDDとコードとしての正しさについて書いてみようと思います。 DDDは設計手法である コードとしての正しさ コードとしての正しさを見失う ユースケースの日本語を"そのまま"…

Goの並列テストと現在時刻に依存した実装について

Mercari Advent Calendar 2018 の13日目は株式会社メルペイ認証基盤チームの @pospome がお送りします。メルカリのアドベントカレンダーで特定の実装パターンの網羅集みたいなやつを書こうと思ったんだけど、組み合わせ爆発でまとめきれそうにないな・・・。…

技術書典5にて販売した "pospomeのサーバサイドアーキテクチャ" をBOOTHから購入できるようにしました。

技術書典5にて販売した "pospomeのサーバサイドアーキテクチャ" をBOOTHから購入できるようにしました。以下から購入できます。 価格は技術書典と同じ1000円です。 booth.pm技術書典に来てくださった方への特典として価格を少し上げたり、 内容を落としたり…

【10/5 更新】技術書典5にサークルとして参加します。

技術書典5にサークルとして参加することになったので、 書籍の詳細についてまとめました。techbookfest.org[追記] BOOTHから購入できるようにしました。 pospome.hatenablog.com 書籍のざっくり情報は以下です。 書籍の目次はこちら サーバサイドのアプリケ…

Cloud Next 2018 MicroServices & APIs

こちらのイベントでの登壇資料です。 Cloud Next 2018 のセッションの中でアプリケーションエンジニアに役立ちそうな内容をまとめています。 mercari.connpass.com MicroServices & APIs from pospome

decorator, presenter, exhibit という3つの実装パターンについて

@a_suenami さんのこのツイートの Decorator, Presenter, Exhibit が気になったので調べてみた。表示に関するデザインパターンは大きくDecoratorパターン、Presenterパターン、Exhibitパターンの3つがあります。で、Exhibitパターンが一番柔軟ですが小さいア…

Go における FunctionalOptionPattern と MethodChaining について考える

きっかけ FunctionalOptionPattern MethodChaining MethodChaining の問題点 Error フィールドによる解決方法 Error フィールドによる解決方法の問題 1. 各メソッドでエラーが発生しないような印象を受ける 2. エラーチェックを忘れそう その1 3. エラーチェ…

書籍「Real World HTTP」の学習効率の高さについて

今更ながら、Real World HTTP を読んでみたので、 学習効率という視点で感想を書いてみようと思う。www.oreilly.co.jp 対象となる読者が広い スラスラ読める 好きなところから読める 一通り目を通すことを推奨 Go言語は関係ない キャッシュの仕様 HTTP2が載…

golang の「埋め込み」を利用した実装アンチパターン

最近、time.Time を独自の struct で埋め込んだ実装をみかけたので書いておこうと思った。結論から言うと、 標準パッケージやライブラリで定義されている型に対して「埋め込み」を使うと、 コードが正常に動かなくなる可能性があるので、 注意した方がいいと…

GAE の TaskQueue(PushQueue) で、delay パッケージと HTTP の受け口(handler)を定義するのは何が違うのか?

GCP

TQ を利用するとき、 いつもはタスクを受ける HTTP の受け口(handler)を定義して、 taskqueue パッケージで実装を完結させていただけど、 「今回は delay パッケージ使ってみようかなー」 と思ったので違いを調べてみた。それぞれの使い方とかはネットに転…

GAE/Go の urlfetch のタイムアウトを設定する

ググると、旧 appgneine パッケージに対する設定方法しか引っかからないので、 google.golang.org/appengine に対する設定方法をメモとして残しておく。結論から言うと、 context.WithTimeout() or context.WithDeadline() を利用して設定する。以下は conte…

GAE の SocketAPI とは何か?

GCP

存在は知っていたが、 普段 GAE を利用する上で特に利用する機会がなかったので、 SocketAPI について調べてみた。 SocketAPI クオータ GCPサービスとSocketAPI 課金してないとエラー まとめ SocketAPIドキュメントは以下。 https://cloud.google.com/appeng…

goddd とは何か?

これは Go Advent Calendar 2017 その2 6日目の記事です。 https://qiita.com/advent-calendar/2017/go2みなさん、こんにちは。 pospome です。 普段は GAE/Go でサーバサイドの開発をしています。twitter では 実装パターン, DDD, golang, GCP についてつぶ…

golang のレイヤ構造において、他のコードに影響なくインフラレイヤのデータソース実装を差し替えることは可能か?

最近、golang のレイヤ構造において、他のコードに影響なくインフラレイヤのデータソース実装を差し替えることは可能か? という質問を受けた。回答時間が限られている中で質問を受けたので、 「現実的には難しい」という雑な回答しかできなかった。さすがに…

Datastore へのキャッシュに Memcache を利用している場合、Memcache が落ちると Datastore のパフォーマンスが劣化することがある

GCP

Datastore へのキャッシュに Memcache を利用している場合、 Memcache が落ちると Datastore のパフォーマンスが劣化することがある。当たり前と言えば、当たり前だが、 こういったケースを想定できていなかったので、 書いておく。 パフォーマンス劣化につ…

datastore のバックアップが失敗する際のエラー

GCP

Datastore のバックアップが失敗すると以下のようなエラーが出る。 Transaction collision. Retrying... (/base/data/home/runtimes/python27_experiment/python27_lib/versions/1/google/appengine/api/datastore.py:2688)Contention on slice xxxxxxxxx ex…

Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える

devfest 2017 tokyo の発表資料です。 Goのサーバサイド実装におけるレイヤ設計とレイヤ内実装について考える from pospome 当日は入室できない人もいたらしい & 機材トラブルで10minほど開始が遅れてしまった ということで申し訳なく思っています。また、立…

goon で goon: Failed to decode field createdAt - gob: decoding into local type time.Time, received remote type []int のエラー

struct のフィールドを1つ削除してから goon で Get() したら以下のエラーが出た。 goon: Failed to decode field createdAt - gob: decoding into local type time.Time, received remote type []int craetedAt が decode できなかったらしい。 で、根本原…

cloud console から datastore に任意の int の key を指定した entity を作成できない

GCP

datastore 上に 特定の int の ID を key とするマスターデータを作りたいと思った。 例えば、以下のように key に既存の商品IDをセットするようなケース。 -------------------------- key | name | createdAt -----|------|------------- 1001 | 醤油 | 20…

golang の iota の使い所

自分は iota の使い所が分からなかった。 なんか事故りそうだし、明示的に値を宣言した方が分かりやすいような気がする。で、こんなツイートをしたら・・・#golang の iota 使った定数定義って、定数の並び順によって値が変わるから、なんか事故りやすい印象…

golang の 引数、戻り値、レシーバをポインタにすべきか、値にすべきかの判断基準について迷っている

日頃から引数にポインタを渡した方がいいのか? 値を渡した方がいいのか? 戻り値はどーなの? メソッドのレシーバは?なんて迷っているのでアウトプットしてみる。メソッドのレシーバについては以下に載っていた。 https://github.com/golang/go/wiki/CodeRevie…

Datastore/Go の cannot load field xxxx into a xxx: no such struct field は Goon で回避できる

以下のブログに書いてある通り、 pospome.hatenablog.comDatastore は kind の property が struct の field に存在しないと ErrFieldMismatch というエラーが発生する。「datastore: cannot load field xxxx into a xxx: no such struct field」のエラーと…

GAE/Go TaskQueue の max_doublings について

GCP

なんかググってもあんまり出てこなかったので、自分用メモ。TaskQueue のリトライは queue.yaml で設定する。以下のように設定すると、 task_retry_limit: 5 min_backoff_seconds: 10 max_backoff_seconds: 40リトライ間隔は 10s -> 20s -> 30s -> 40s -> 40…

GAE/Go の cron を毎時同じ時刻に起動させるための synchronized の設定

GCP

ちょっとハマったので書いておく。 結論から言うと、synchronized を設定すればいい。GAE の cron は yaml で設定する。 https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/go/config/cronref今回は「30分ごとに起動する」という設定をしたかったので、以下…